上田 直紀うえだ なおき

CTO

開発チーム

2014年入社

rootsに入社した理由を教えてください

理由は二つあります。一つは、若い人達に対して何か価値を提供するような仕事がしたいと思っていたこと、もう一つが、自身がエンジニアとなって技術を身に着けたときに、まだ世の中にないものを作りたいと思っていたことです。今、提供している『キャリアクラウド』というサービスがまだ世の中に存在しない仕組みをつくるっていうようなビジョンがあったので、それに共感してrootsに入りました。

Rootsの他の企業と違うところってどんなところですか?

Rootsでは、上場企業さん含め、自分達よりも大きい規模の方々と仕事ができます。なので、ベンチャーだけれども、規模でいうとすごくわくわくするようなサイズの仕事ができると思います。
また、大手と比較すると、Rootsは自分達の裁量が大きいと感じています。大手になると、すごく狭い範囲の中でも自分の与えられた仕事をやっていれば会社は回っていくんですが、Rootsでは、ひとりひとりが1.5の仕事をできないと会社が大きくなっていかないので、それをやりたいと思う意欲と身に着けていくための努力が伴っていれば、チャンスはもらえます。
例えば、私はエンジニアなんですが、マーケティングのようなところもやっています。十分な経験はないので、仕事の責任など負荷は上がりますが、自分の成長だと思って、チャレンジしています。

開発で意識していることはなんですか?

私たちが開発しているキャリアクラウドは、今までの文化や業界の在り方にとらわれずに、インターフェイスは業界を越えても取り入れていくというコンセプトをもっています。なので、既存の人材系のサービスはもちろん、プロジェクト管理のサービスや、macに内蔵されているメールソフトなど、いろんなサービスのいいところを参考にして柔軟に取り入れていくというところを意識しながらやっています。
また、変化を恐れずにいこうと思っていて、新しい機能とか既存のシステムに干渉がないところに関しては、今まで使ってきてないような技術を一つは取り入れるようにしています。その過程で、開発チーム全体の知見やスキルの幅が広がっていけばいいなと思っています。サービス自体も既存の物の延長ではなくて、いろんなところに対して使いやすさの改善につながるような新しい刺激があればいいなと思っているので、そういったところを意識しています。

学生へのメッセージ

大学を卒業して何をしようかなっと思うと、急に選択肢が広がるんですよね。誰にも何も強制されない指示されないということになったときに、初めて、心からやりたいことって何だろうとか、力が発揮できるフィールドってどこなんだろうとか、自分の大事なものって何だろうって考えると思うんですよね。ただ、僕の場合は、社会に出ても3年目くらいまでなんかふわふわっとしてて、やりたいことが本当に腹落ちしていないような感じだったんですね。みんながみんなそうではないと思うんですけど、探しても見つからないものもあると思うんです。
そういう時に、振り返ってみて、すごく重要だったなって思うのは、やりたい仕事がわかんないからとか、なんかもやもやするからっていう理由で、中途半端にやったらだめだなってことです。いま目の前になにか仕事があって、本当に自分のためになるのかわからないけど、ひとまず一生懸命やってみる。そしたらね、いつの間にか世界が広がってやりたいことが増えてきたりとか、できるようになって人から必要とされたりとか、気づいたらなんか残ってるんですよね。だから、いま、迷っている人がいたら、自分のできることを増やすために、若いうちはがむしゃらになってやってみたらいいんじゃないかなと思います。

一日の流れ