伊藤 匡宏いとう まさひろ

システムエンジニア

開発チーム

2017年入社

Rootsに入社を決めた理由を教えてください。

入社を決めた理由は二つあります。一つは、若いうちからより多くの機会が得られるようなところで働きたかったからです。Rootsがまだ設立して3年目のスタートアップで、人数規模も小さく、どこよりもたくさんの経験ができるのではないかと期待しました。
もう一つは、就活で初めて、SEのほうが向いているといわれたことです。私はそれまで営業職を志望していて、就活についても様々な人に相談に乗ってもらっていましたが、SEを勧められたのは初めてでした。それまでSEになるという考えは全くなかったのですが、考えてみるとSEのほうが適性があることに気づきました。そんなところから、他のどの人材会社よりも真剣に学生のことを考えていると感じて入社を決めました。

Rootsに入って成長を感じるところを教えてください

プログラミング面では、日々新しいことを習得しています。Rootsでは常に何を作るかが明確で、そのすべてが社内やお客様に役立つものばかりなので、単純な言語学習よりもずっと早いスピードで学習が進んでいます。
また、それ以外の部分でも、設計やUIを考えたり、多人数で行うプロジェクトを任されたり、『キャリアクラウド』の既存の修正や新機能についての相談を受けたりなど、考えられないような多くの経験をさせてもらっています。

学生へのメッセージ

正直、就活は苦労しました。初めは、全く結果が出ずに、どうしようかと思っていました。でも、最終的に、Rootsに入社が決まり、実際にインターンをやってみて、今は入って本当によかったと思っています。
就活を始めたばかりの時の私の軸はRootsとはかけ離れています。それは、単にこれからどうしたいのか、ということを十分に深く考えられていなかったからです。
これから就活を始める皆さん、すでに就活を継続されている皆さん、結果が出ないというのは悪いことばかりではありません。結果が出なかったために、新たな発見ができることもあります。だから、多少うまくいかなくても、ぐっと前を向いて就活を続けていただけたらと思います。皆さんが良い形で就活を終えられることを願っています。

一日の流れ